メンバー 名言

【XJAPANのメンバー】PATAがHIDEにキレた!名言集やエピソードまとめ

2017年10月27日

PATAと言えば、 Xに加入時は赤髪モヒカンと奇抜なスタイル。

しかし、そんなスタイルとは裏腹に温厚なPATA。

破天荒のYOSHIKIHIDEのケンカを見届ける存在でもあったのです。
(ケンカを止める役割ではない。

モヒカンも本人の意思とは関係なく、HIDEの悪ノリだったとかw

それだけ、Xに加入した時からHIDEとは仲良しだったのでしょうね。

2人には色々なエピソードもありますし。

そんなPATAが、本気でHIDEに怒ったことがあるらしいのです。

一体、HIDEは何をしたんだ。

そして、PATAの名言集「巨人」への愛は凄いですよ。。

PATAがHIDEにブチ切れ!

PATAは、常にのんびりしていて、ケンカや怒ったりすることがなさそうですよね。

巨人が負けて、機嫌が悪い時は良くあるそうですが。

 Xのインディーズ時代から、PATAの髪はHIDEに任せていたのです。

あまりに髪に無頓着だったため、HIDEがふざけて両サイドの髪を剃ってモヒカンにしまったのです。。

いくら仲良しもさすがに怒りますよね?

それでもPATAは、怒ることなく少し寂しそうな顔をしただけで、何も言わなかったようです。

なんて、優しいお方なのだろうか。。

そんなPATAが、一度だけ本気で怒ったことがあるらしい。

ロス在住時、HIDEHEATHと飲みに出かけた時のこと。

HIDEの危険極まりない運転に対し、命の危険を感じたPATAは「松本!!オマエいい加減にしろよっ!!!」
と、本気で怒鳴りつけたのです。

これには、HIDEもさすがに大人しくなってしまったようなのです。

HEATH曰く「後にも先にも、XJAPANに在籍中にPATAさんが本気で怒りをぶちまけたのはこの時だけ」
と、語っています。

実は、PATAとHIDEはメンバーが誰も知らないところで、つかみ合いのケンカはしたことがあるとのこと。

Xのツアーで東北に行った時にケンカは起こったようだが原因に対し。HIDEは「そんなこと覚えていないよ」
とのこと(笑)

だが、30秒もせずに「あゴメン!PATAちゃんの髪の毛つかんじゃった」と、反省していたのです。

そんなHIDEにPATAは「すっげー抜けたんだよ、マジで(笑)俺べつに何されてもいいけど、髪の毛抜かれたからけっこうショックだったんだよ」

本当に凹んだようです。。

過去のケンカ話でも盛り上がれる程、 PATAとHIDEは仲良しなのです!

PATAの名言集

・「でっけぇもんは、小さくならねぇ」

・「アルマーニ?それってうめぇんか?」

・「六本木の風は俺には合わない」

・「ロックとは何ですか?」

「知らねぇよ」

・「そんなにジャイアンツが好きで、ロッカーとしてそれでいいのか?」

「ジャイアンツファンこそ真のロッカーだ」

・Xが無くなったら、酒屋の店員ぐらいしかなれない。

・何もないと平均時間、12時間越えます。

・先のことって考えないですね。「その場良ければそれで良し」の人です。

・「ウェンブリーで俺は死ぬ」

 

PATAのエピソード

・カバンではなく、紙袋や風呂敷を掲げていることが多い

・海外に行っても全く時差を感じない

・PATAの楽屋は「なごみの部屋」と呼ばれていた。

・バイト時代に前借りをし過ぎて、給料日には明細しか入っていなかった。

・100万円の小切手をポケットへ突っ込んでいて、そのまま落とす。さすがに、メンバーが慌てて呼び出したそうです。。

・髪の手入れをしないため、抜け毛が酷かった。

「将来はどんな大人になりたい?」

「アデランスにお世話にならない人」

・打ち上げで HIDEが暴れる時は、避難して傍で飲んでいた。
ついたあだ名は「究極の傍観者」。。

 

PATAの巨人への愛がヤバい

PATAと言えば、「巨人」が好きなのは有名ですよね。

野球の試合の結果にも左右されるそうです。。

そんなPATAは、どれだけ巨人を愛しているのだろうか??

・ PATAの個人事務所の名前は、「OFFICE GIANTS」とした。

・レコーディングのためアメリカに渡った時も、国際電話で巨人の勝敗を確認していた

・巨人の勝敗で機嫌が変わる
メンバー内で、「巨人が負けたから、 PATAはそっとしておこう」という暗黙のルールがあった。

・東京ドーム公演の際には、グラブを持ち込みTOSHIとキャッチボール。

「ここが桑田が座ったとこかな?」
と、ご満悦だった。

・スクリーンで巨人が負けているテレビが放送され、機嫌を損ねたPATAはステージ裏でビールを飲みだした。

・HIDEのソロツアーに同行したPATAは、全会場のステージ袖にこっそりテレビを置き、巨人戦の試合経過を確認しながら演奏していた。

・復活コンサートの日は、巨人の開幕戦。XJAPANが東京ドームを使用したため、巨人は敵地で開幕戦を迎えることになってしまい、胸を痛めたとか。。

・巨人が勝ちそうなメドがついてきたから、そろそろ行こう。

まとめ

筆者は、PATAと握手をしたことがありますが「どもども」そんな感じでのんびりしていました(笑)

「お酒が入っているのか!?」とも思いましたが。。

お酒の飲み過ぎには、注意してほしいですね。。

にしても、PATAが怒ったら怖そうですね。

普段、怒らない人が怒った時ほど恐ろしいことはないですから。。

関連記事

-メンバー, 名言
-,

© 2021 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5