XJAPANのアルバム「BLUE BLOOD」の収録曲やおすすめは?発売日までの道のりや評判まとめ

【最優先】YOSHIKIのイベントのチケット当選の確率を上げる方法はこちら

音源

XJAPANのアルバム「BLUE BLOOD」の収録曲やおすすめは?発売日までの道のりがヤバい!

2017年10月13日

メジャーデビューして32年になるXJAPANですが、デビューしてからのオリジナルフルアルバムはわずか3枚となっています。

1996年に発売された「DAHLIA」を最後に、25年間発売されていませんからね。

数少ないXJAPANのアルバムですが、おすすめはファーストアルバムの「BLUE BLOOD」になってくるでしょう。

「BLUE BLOOD」とは、どんなアルバムなのか?

収録曲やおすすめの曲、発売日までの道のり、評判までをまとめてみましょう!

【XJAPANのアルバム】「BLUE BLOOD」とは?

XJAPANのアルバム「BLUE BLOOD」は、1989年4月21日に発売された、メジャーデビューアルバムとなっています。

既にインディーズで大人気バンドに成長し、メジャーデビューが期待されたXJAPAN。

「 Xはメジャーで通用するのか!?」「どんなアルバムになるのか??」と注目される中、ファーストアルバム「BLUE BLOOD」の発売日が決定したのです。

そして、メジャーデビューアルバムとしては異例の大ヒット。

オリコン初登場で6位に入り、60万枚を売り上げたのでした。

「BLUE BLOOD」のジャケットには、「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」と書かれていて、ビジュアル系の始まりとも言われているのです。

「ビジュアル系」という言葉もXJAPANのメンバーのHIDEが作ったとも言われていますからね。

XJAPANの歴史こそが、ヴィジュアル系の歴史なのかもしれませんね。

アルバム「BLUE BLOOD」を聴かないで、ヴィジュアル系は語れませんよ。

BLUE BLOOD

BLUE BLOOD

X
2,563円(07/02 14:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

疾走感のある曲からオーケストラとの共演まで、幅広い曲が収録されている名盤。

YOSHIKIの一切の妥協を許さない、こだわりが伝わってきますよ。

XJAPANのアルバムの中で、おすすめのアルバムとなっていますね

「BLUE BLOOD」の収録曲とおすすめ曲

01. PROLOGUE(〜WORLD ANTHEM〜)

02. BLUE BLOOD

03. WEEK END

04. EASY FIGHT RAMBLING

05. X

06. ENDLESS RAIN

07. 紅

08. XCLAMATION

09. オルガスム

10. CELEBRATION

11. ROSE OF PAIN

12. UNFINISHED

デビュー当時のライブの定番曲から、現在でも演奏されている名曲揃いですね。

初期のXJAPANのライブのメンバーが入場する時に流れる「PROLOGUE(〜WORLD ANTHEM〜)」から、オープニングナンバーのアルバムのタイトルにもなっている、「BLUE BLOOD」

いきなりトップスピードに入る疾走感がたまらないですよね。

「WEEK END」「X」「紅」、などは現在でも演奏されていますが、実はアルバム「BLUE BLOOD」の収録曲だったのです。

XJAPANの中で1番有名な曲でもある「紅」もインディーズの頃から演奏されていますが、シングルとしてはアルバムカットになっているのです。

アレンジも変わってきているので、聞き比べると「紅」の成長を感じますよ。

捨て曲なしのアルバムですが、筆者のおすすめは「ROSE OF PAIN」ですね。

中世ヨーロッパを舞台にYOSHIKIがバラの気持ちになって、歌詞を書いたと言われています。

12分の曲ですが、前半はスローテンポですが、6分過ぎからは疾走感のある曲となっていきますね。

フルオーケストラが参加し、ドラマティックな展開。

メジャーデビューアルバムでフルオーケストラというのも、贅沢ですよね。

XJAPANになってからはアコースティックバージョンとしても演奏されていますが、ベースがクラシックですのでピッタリなのです。

 

【デビューアルバム】「BLUE BLOOD」の発売日までの道のり

XJAPANは、1988年8月1日にソニーと契約を交わします。

当時XJAPANの担当プロデューサーの津田直士さんは、YOSHIKIに対し「必ず100万枚売れる作品を作ろう。」と約束。

YOSHIKIも「ええ。もちろんそのつもりです。」と、メジャーデビュー前からミリオンヒットを決めていたのです。

YOSHIKIにとっては、「BLUE BLOOD」の大ヒットは当たり前だったのかもしれませんね。

契約を結ぶと、 XJAPANはすぐにデビューアルバムの制作に動き出したのです。

曲作りのための合宿を行うことにしたXJAPANのメンバーは、スタジオが完備された河口湖に近いキャメロットスタジオ」におよそ、20日間滞在することに決めたのです。

自由にスタジオを使い、食べることも寝ることも後回しにして曲作りに没頭したXJAPANのメンバー達。

気に入ったフレーズが出来るたびに全員が集まり、感想を伝えあったと言われています。

ある時、YOSHIKIは津田直士さんに対し「聴いてほしい曲があるのだけど、ちょっといいかな?」と声をかけ、部屋にあるキーボードを弾き始めたのでした。

シンプルなそのメロディーに、津田直士さんは「これだ!これだよ!絶対、絶対いける!!」と、叫んだと言います。

メンバー全員が集まり、その美しいメロディーに聴き入ったのでした。

その曲こそが、XJAPANの代表曲となる「ENDLESS RAIN」だったのです。

「Xの個性を強調できる音楽」と自問自答していた津田直士さんは、YOSHIKIの弾くメロディーを聴いた瞬間に、その答えを見つけたのです。

YOSHIKIはドラムだけではなく、ピアノの評価も高いですからね。

現在ではニューヨークで、クラシックコンサートを開催するまでになっているYOSHIKIなのです。

1988年9月になると、XJAPANのメンバーは2度目の合宿を開催。

それぞれが作った曲も完成に近づき、レコーディングの地固めはようやく終わろうとしていたのでした。

その中で、「EXTASY SUMMIT」「BURN OUT TOUR」などのライブツアーも精力的に行っていた、XJAPANだったのです。

YOSHIKIは、ツアー先のホテルで同室だったHIDEと良く語り合っていたと言われています。

「メジャーに行って俺たちが突然変わることなんてありえないよね。このままXがメジャーへ乗り込んで、すっかり型にはまってしまった日本のロックを変える」

「俺たちなら絶対できるよね」

1989年に入りXJAPANは信濃町のスタジオで、これまでライブで演奏してきた「X」「オルガスム」「紅」を新たに録音し、新曲は楽譜作りから始めたのです。

2ヶ月半に及ぶレコーディング、全12曲で収録時間65分の大作アルバムは、津田直士さんの予想をはるかに超えた完成度だったのです。

YOSHIKIのアイデアで「PROLOGUE(〜WORLD ANTHEM〜)」「ENDLESS RAIN」「ROSE OF PAIN」は、フルオーケストラが参加し、「UNFINISHED」では、弦楽四重奏とYOSHIKIのピアノが共演。

ロックバンドのデビューアルバムなのですが、クラシックの要素も詰め込まれたアルバムになっていますよ。

そして、1989年3月13日からアルバム「BLUE BLOOD」の発売を記念して「BLUE BLOOD TOUR」がスタート。

ツアーを続けながらYOSHIKIはスタジオでの作業を進め、「BLUE BLOOD」が完成したのは、3月16日の渋谷公会堂でのライブの朝だったのです。

渋谷公会堂でのライブは「爆発寸前GIG」と名付けられ、後に映像作品にもなるライブだったのです。

Blue Blood Tour 爆発寸前GIG [Blu-ray]

Blue Blood Tour 爆発寸前GIG [Blu-ray]

X, X
3,700円(07/03 07:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ライブが終わり楽屋に戻ると、YOSHIKIはこう叫んだと言います

YOSHIKI

Xが日本のメジャーシーンを変える!!

楽屋に歓声が響き、メンバー同士がふざけ合ったのです。

そんなメンバーの表情に、YOSHIKIは勇気を与えられたのでしょうね。

そして、運命の1989年4月21日にメジャーデビューアルバム「BLUE BLOOD」が発売されたのでした。

【XJAPANのアルバム】「BLUE BLOOD」の気になる評判

 

まとめ

XJAPANのアルバム「BLUE BLOOD」の収録曲やおすすめ、発売日までの道のりと評判をまとめています。

ロックバンドのアルバムとしても、名盤と呼ばれている「BLUE BLOOD」。

デビューアルバムでこのクオリティは凄いですよね。

この「BLUE BLOOD」でメジャーデビューし、ここからXJAPANがメジャーで大暴れをしていくのです!

全くの余談ですが、名前だけで購入してしまった「BLUE BLOOD」という低反発枕があります。

運命共同体の中でも話題になっている枕で、気になっている方も多いようなのです。

筆者は長年愛用していますが、首が疲れませんし枕として素晴らしかったですよ。

運命共同体は、ついついネーミングに反応してしまいますからね。

関連記事

-音源
-

© 2022 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5