【YOSHIKIとGLAYの関係】確執や出会いは?RAINのプロデュースまでまとめ

【必須】YOSHIKIのイベントチケットの当選確率を確実に上げる方法はこちら

YOSHIKI メンバー 音源

YOSHIKIとGLAYに確執!出会いからRAINのプロデュースまで!

2017年10月12日

YOSHIKIは数々のプロデュースもしていますが、その中で大成功を収めたバンドの1つがGLAYなのです。

ミリオンセラーを達成、20万人ライブを開催し社会現象にもなったGLAYですが、実はデビューのきっかけはYOSHIKIだったのです。

そんなYOSHIKIとGLAYの現在の関係はどうなっているのか?

確執の噂や出会いも気になるところ。

YOSHIKIがプロデュースしたGLAYのデビュー曲「RAIN」が誕生するまでと、ライブで演奏しない理由をまとめてみましょう!

YOSHIKIとGLAYの関係

音楽の先輩と後輩の関係になりますね。

YOSHIKIとGLAYのリーダーのTAKUROさんの現在の年齢はどうでしょうか。

YOSHIKI:56歳

TAKURO:50歳

年齢的にも、YOSHIKIが先輩になってきます。

そして、プロデューサーとバンドとの関係でもあるのです。

GLAYのインディーズ1stアルバム「灰とダイヤモンド」は、YOSHIKIが設立した「エクスタシーレコード」から発売。

そして、メジャーデビュー曲「RAIN」「プラチナムレコード」からリリースされた楽曲となっています。

ちなみに、エクスタシーレコードからは、LUNA SEAもデビューしていますよ。

今でこそ有名は話ではありますが、当時はネットもそこまで普及していなかったので、情報が出回っていませんでしたね。

GLAYをスカウトしていたのがYOSHIKIだったとは、ファンは驚いたことでしょう。

そんなYOSHIKIとGLAYの間には、確執があったとも言われていたのです。

YOSHIKIとGLAYの確執の噂

現在、確執はないのではないでしょうか。

YOSHIKIがGLAYをプロデュースしていたのは有名な話ですし、誇らしいことですので、もっと発言しても良いのかなと思います。

しかし、YOSHIKIの口からGLAYに関する情報はあまり発信されなかったのです。

更にGLAY側も、せっかくYOSHIKIが作った名曲「RAIN」をライブで演奏していなかったですからね。

デビュー曲でもありますし、ライブではファンも喜んでくれるはずなのですが。

お互いに交流がないことから「YOSHIKIとGLAYには確執があるのか?」と、噂されてしまったのです。

しかし、NHKの番組「SONGS」でYOSHIKI、TAKUROさん、TERUさんでの対談が実現。

XJAPANのメンバーのSUGIZOからは、GLAYのライブに花が届けられますし、HISASHIさんはYOSHIKIのツイッターに絡んでくるとか。

現在はXJAPANのメンバーとGLAYのメンバーとの交流が行われているのです。

2016年にはYOSHIKI主催の「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」の記者会見には、SUGIZOとTAKUROさんも登壇。

一緒にイベントを盛り上げたのです。

このようなことから確執はなく、現在はとても仲が良いと思われますよ。

 

YOSHIKIとGLAYの驚きの出会い

GLAYのライブをYOSHIKIが観に行ったことがきっかけとなっています。

YOSHIKIはXJAPANでの成功を収め、別の場所では新たな才能に出会うことに興味を示していた時期。

その中で、エクスタシーレコードの新人発掘担当者から「気になるバンドがいる」と、聞かされていたのでした。

そのバンドこそが「GLAY」だったのです。

YOSHIKIはすぐにGLAYのデモテープを聴き、ライブを見に行くことに。

数十人のスタッフを引き連れて、フロアの後ろでGLAYの登場を待っていたのでした。

この日のライブは、スタッフより観客が少なかったと言われているので、YOSHIKIは目立ったでしょうね。

GLAYがステージに立つと、YOSHIKIはサウンドと歌詞に注目し聞き入ったそうなのです。

YOSHIKIはGLAYに対し、こう思ったとのこと。

YOSHIKI

優れた戦略があれば、GLAYは必ずメジャーシーンで成功する。

出会った時にYOSHIKIはGLAYの才能を認め、成功を確信していたのでしょう。

【YOSHIKIプロデュース】GLAYのデビュー曲「RAIN」の誕生まで

ライブを観に行ったYOSHIKIは、ステージ終了後に「これから時間はあるのかな。時間があれば、事務所で話をしたいのだけど。」とGLAYを誘ったのです。

当然、GLAYもYOSHIKIの存在は知っていましたし、エクスタシーレコードからデビューしたLUNA SEAも人気バンドとなっていましたからね。

若いバンドにとって、エクスタシーレコードに所属できることは売れるチャンスでもあったのです。

GLAYのメンバーがオフィスに到着すると、YOSHIKIは前置きなしに話し始めたと言います。

YOSHIKI

さっそくなんだけど、もし、みんなにその気があればエクスタシーからアルバムを出さないかな。

俺はもうそのつもりだけど。

YOSHIKIはGLAYを世に出したいと思ったのでしょうね。

当時からYOSHIKIは演奏者だけではなく、プロデューサーとのしての実力もあったのです。

YOSHIKI

この先、新しくメジャーレーベルを作ろうと思っているんだ。良かったらそのレーベルの最初のアーティストになってみる気はないかな?

まずはエクスタシーからアルバムを出す。そのアルバムは1万枚プレスしよう。

それがもし売れなくてもまったく問題ないよ。GLAYには責任はない。

ビジネスとして成功するか否かは、僕の責任だから。

YOSHIKIにとってはビジネスという感覚があったことから、GLAYを成功させる自信があったのでしょうね。

GLAYのメンバーはあまり言葉を発することなく、ただYOSHIKIの言葉を聞いていたそうなのです。

あまりに突然の話しに驚いたことでしょうね。。

そして、YOSHIKIの熱に応えるようにGLAYのメンバーも「どんな活動や楽曲を作っていきたいのか」「アルバムをどうしたいのか」自分達の考えを話し始めたのです。

YOSHIKIのプロデュースですが、任せっきりにするのではなく、GLAYのメンバーは対等な立場として楽曲制作について具体的に話し合ったとのこと。

その中で、TAKUROさんが「レコーディングをするなら、ぜひYOSHIKIさんにピアノを弾いて欲しいです。そんなこと、できないでしょうか?」と、YOSHIKIにお願いしたのです。

初対面でYOSHIKIにピアノ演奏を頼むとは、TAKUROさんも度胸がありますよね。

YOSHIKIの制作活動や演奏に関しては、XJAPANのメンバーのHIDEでさえも遠慮していたと言われていますからね。

そんなTAKUROを見て、YOSHIKIは「自分の意思を持った強い子だな」と、感心したとか。

しかし、TAKUROさんには、YOSHIKIと組むことに対し1つだけ心配事があったのです。

「エクスタシーに所属しているバンドは酒が飲めないとダメですか。先輩にイッキ飲みしろと言われても断れないのでしょうか? YOSHIKIさんの申し出を断ったら、誰でも殴られちゃうんですよね?」

笑えるような話ですが、昔のYOSHIKIやXJAPANのメンバーは、酒を飲んでのケンカは日常茶飯事でしたからね。

そんなXJAPANもミリオンセラーを出し、東京ドームでライブをさせるバンドに成長。

さすがに社会的地位を感じ、落ち着くようになったのです。

昔のように暴れることができませんよね。

心配するTAKUROさんに対し、YOSHIKIは安心させてあげたのです。

YOSHIKI

みんなは曲を作り、レコーディングして、デビューすることだけを考えればいいんだからね。

YOSHIKIを信じ、契約を決めたGLAYだったのです。

そして、YOSHIKIと共にレコーディングを進め、1994年5月25日に「RAIN」と「灰とダイヤモンド」を同時に発売したのです。

RAIN

RAIN

250円(12/01 19:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
灰とダイアモンド

灰とダイアモンド

GLAY
Amazonの情報を掲載しています

現在、RAINを聴いてみるとYOSHIKIの色が強い曲だなと感じますね。

GLAYもデビュー当時はビジュアルよりでしたし、時代を感じる名曲となっています。

 

GLAYがライブで「RAIN」を演奏しない理由

YOSHIKIを超えるアレンジができなかったことで、演奏できなかったようなのです。

数々の名曲を生み出してきたTAKUROさんにしても、YOSHIKIのアレンジを超えるのは難しかったようですね。

TAKUROさんも妥協しない性格なので、完璧と思える曲しかライブで演奏することはないのでしょう。

そうなると、いくら名曲で人気曲のRAINだったとしても、ライブで演奏したくはなかったのかもしれませんね。

2015年には、GLAYのデビュー20周年ライブが東京ドームで開催されました。

アンコールではYOSHIKIがサプライズで登場し、GLAYのメンバーと一緒にRAINを演奏したのです。

これにはファンも大喜びですよね。

YOSHIKIはGLAYに対し、このようなメッセージを届けています。

YOSHIKI

デビューのきっかけを作ったのは僕かもしれないけど、20年間GLAYを支えてくれたのは、ファンやスタッフです。

YOSHIKIにとっては親心のような心境だったのでしょうね。

 

YOSHIKI(XJAPAN)とGLAYに対するファンの反応

 

まとめ

YOSHIKIとGLAYの関係や確執、出会いからRAINのプロデュースまでをまとめています。

YOSHIKIとGLAYも奇跡的な出会いをしていますよね。

もし出会っていなければ、GLAYの成功もなかったかもしれません。

YOSHIKIには音楽の才能や実力もありますが、人を惹きつける力も持っているのでしょう。

これからYOSHIKIはどんなバンドや人と出会うのか、楽しみですね!

RAIN

RAIN

250円(12/01 19:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
灰とダイアモンド

灰とダイアモンド

GLAY
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

【必須】YOSHIKIのイベントチケットの当選確率を確実に上げる方法はこちら

-YOSHIKI, メンバー, 音源
-,

© 2022 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5