メンバー 映像

YOSHIKIのピアノの実力や腕前は下手!上手いの?KAWAIの値段が気になる!

XJAPANはロックバンドですし、YOSHIKIの激しいドラムも魅力の一つ。

しかし、ロックな楽曲なのに、どこかクラシックを感じるのは、YOSHIKIがピアノ作曲しているからとのこと。 YOSHIKIが注目されているのは、ドラムではなく、実はピアノの実力なのです。

2017年1月には、ニューヨークのカーネギーホールでクラシックコンサートを開催するほどの腕前

そんな、YOSHIKIのピアノの実力は? 「上手い?下手??」 そして、使用しているクリスタルピアノは、KAWAIなのでしょうか。

気になる、値段は??

YOSHIKIのピアノの実力

上手いと思います。

腕前以上に「才能」が評価されていますね。

YOSHIKIは、XJAPANの楽曲や自分の曲を作る時に、ピアノで作曲することが多いようですが、何かしらの楽器を使わなくても作曲ができるそうです。

素人目線からですと、楽曲はギターピアノを使って作曲するものかなと思っていましたが。

つまり、YOSHIKIは楽譜さえあれば、どこにいても曲が書けてしまうのです。

YOSHIKIにとっては、ロックもクラシックも関係ないと。。

クラシックは、どの楽器のどのパートもしっかりと譜面があり、それに従って演奏していきますが、XJAPANの楽曲はすべてのパートの譜面をYOSHIKIがあらかじめ書いているようです。

ですので、HIDEPATAのギターソロもクラシックのようなメロディーなのですね。

筆者が1番好きなシングル「Silent Jealousy」のギターソロがキレイ過ぎて。。 ソロだけでも聴けますからね!

オーケストラとの相性が抜群なのも、納得です。

YOSHIKIは4歳からピアノの習い始め、クラシックの基本をしっかり学んでいます。 10歳から作曲を始めているので、腕前も相当なもの。

現在クラシックの公演をしているのも、不思議ではないのかもしれませんね。

カーネギーホールにもなると、さすがに 「ピアノ歴が長いから」 だけではなく、実力が試されるわけですから

カーネギーホールでは、2日間で5600人を動員。

今回は「東京フィルハーモニー交響楽団」を率いてのクラシック公演。

演奏後は10分以上もスタンディングオベーションが続いたそうです。 この様子を知った海外の各ホールから、オファーが殺到したとか。。 本当に凄いことですよね。。

アジア人で、ニューヨークの「MADISON SQUARE GARDEN」「カーネギーホール」を制覇したのは、YOSHIKIだけですからね。

ロックとクラシックの世界で成功していると言っても、過言ではないでしょうね。

YOSHIKIはクラシックに対して 「音楽のルーツに戻っているような感覚があって、自分の中には両方とも必要なのかな」 そう語っています。

ロックミュージシャンですが、基本はクラシックなのでしょうね。

YOSHIKIのピアノに対して、アンチなファンからは 「下手」 「実力はない」 「演出だけ」 ネガティブなコメントもありますが、無視しましょう。

YOSHIKIが使用しているピアノのメーカーはどこ?

KAWAIクリスタルピアノ CR-40Aを使用しています。

河合楽器製作所は、YOSHIKIの音楽活動時にピアノ提供調律などで協力しています。

YOSHIKIは、KAWAIのピアノに対し  「これからも僕の立つステージには、KAWAIのピアノがあることでしょう。」

KAWAIのピアノがお気に入りのようですね。

YOSHIKIとKAWAIは良好な関係が続いているのです。 河合楽器製作所は、筆者の在住している静岡県に本社を構えていますからね。

浜松駅の新幹線乗り場には  YOSHIKIを紹介するディスプレイとクリスタルピアノが展示されています。

YOSHIKIも静岡に来ないかなぁ。。。

 

【YOSHIKI愛用】KAWAIのピアノの値段

値段600万円を越えています。

特製クリスタルピアノは、ヤフオクの「東日本大震災チャリティーオークション」でも出品されてましたが、落札金額はなんと1100万円

とんでもない値段がつきましたね。

XJAPANやYOSHIKIに熱狂的ファンが多いですので、この金額も納得かもしれません。

筆者だって、お金があれば・・・泣

まとめ

2016年に開催された「YOSHIKI CLASSICAL」に筆者も参戦してきました。

クラシックコンサートは、始めての経験でしたので 「眠くなったらどうしよう」 そんな事を考えていましたが・・・ 感動で泣き過ぎて、寝れなかったです。

またクラシックコンサートも行きたいなと思います!

関連記事

-メンバー, 映像
-,

© 2021 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5