XJAPAN(YOSHIKI)の紅白歌合戦での演奏曲まとめ!出演回数は何回?歴代出演を振り返る!

【最優先】YOSHIKIのイベントのチケット当選の確率を上げる方法はこちら

XJAPAN

【紅白歌合戦】XJAPAN(YOSHIKI)の演奏曲や出演回数は何回?歴代出演を振り返る!

2017年11月16日

年末の歌番組と言えば、「紅白歌合戦」ですよね。

その年に活躍したアーティストが出演しますが、もちろんXJAPANにも出演歴があります。

YOSHIKIはソロでも出演し、豪華コラボで話題になりましたね。

紅白歌合戦での演奏曲は何だったのでしょう。

出演回数と歴代出演を振り返ってみましょう!

【紅白歌合戦】XJAPANの演奏曲と出演回数

XJAPANとしての出場は、8回となっていますね。

演奏曲と年代別に振り返ってみましょう。

 

①Silent Jealousy【1991年】

紅白初出場は、名曲「Silent Jealousy」でしたね。

1991年はセカンドアルバム「Jealousy」が発売され、大ヒット。

文句なしで、紅白歌合戦への出場となったのです。

ロックバンドが紅白歌合戦に出るのはまだ珍しい時代。

奇抜なメイクに派手な髪型のXJAPANの登場に、世間は驚いたことでしょうね。

初出場に喜んだYOSHIKIはこのようなコメントを残しています。

YOSHIKI

紅白に出ることでやっと親に認められた

紅白に出るようなバンドでしたら、世間も納得ですからね。

 

②紅【1992年】

1992年1月7日に開催された東京ドームライブ「破滅に向かって」を最後に、メンバーのTAIJIが脱退。

活動休止に追い込まれましたが、年末にはXJAPANの新メンバーとして、HEATHが加入しています。

なんと、HEATHにとっては初のテレビ出演が紅白歌合戦だったのです。

1992年の紅白歌合戦のテーマソングとして、「Tears〜大地を濡らして〜」をYOSHIKIが作曲。

出演者全員での大合唱は盛り上がりましたね。

世間に認められた、XJAPANだったのです。

 

③Tears【1993年】

XJAPANに改名してから、初めての紅白歌合戦。

紅白歌合戦で1番手に出場し、そのまま東京ドームライブ「RETURNS」に向かっているようですね。

XJAPANの紅白歌合戦を東京ドームで観るために、開場の時間を早めてくれたようですよ。

時系列的には、東京ドームでリハーサルを終え、NHKホールに移動。

その後、紅白歌合戦に出場し、また東京ドームに戻っていているようですね。

移動するバスに乗り込む際に、HIDEのコメントが面白かったですよ。

HIDE

行き先が温泉だったらな〜

昔からお茶目なHIDEですよね。

1992年にテーマソングとして作られた「Tears」をXJAPANバージョンにアレンジし、紅白歌合戦で披露。

紅白歌合戦の後押しもあり、「Tears」はXJAPAN史上最も売れたシングルとなったのです。

 

④Rusty Nail【1994年】

1994年12月31日は、XJAPANの東京ドームライブ「白い夜」を開催。

ライブ終了後に紅白歌合戦が行われているNHKホールに直行し、出演するというハードスケジュールだったのです。

「白い夜」では「紅」の演奏中にYOSHIKIが倒れ、中断が心配されました。

復活した後のYOSHIKIの大暴走で、メンバーがついていくのが大変だったとか。

全力でライブを終えてからの紅白歌合戦への出場でしたから、メンバーの疲労もかなりのものだったと思いますよ。

 

⑤Forever Love【1997年】

1997年9月に、XJAPANは突然の解散発表。

ファンのためにもラストライブを開催することが決定し、紅白への出場も決まりましたね。

東京ドームでの解散ライブを終えて、紅白歌合戦への出場となったのです。

1997年の紅白歌合戦がXJAPANとしての最後の活動となり、そのまま解散となったのです。

これほど悲しい気持ちで観た紅白歌合戦は、後にも先にもありませんでしたね。。

 

⑥Forever Love / BORN TO BE FREE【2015年】

2008年に再結成が発表され、活動を再開させたXJAPAN。

東京ドームやワールドツアーを行い、完全復活を果たしましたね。

そのまま、18年ぶりに紅白歌合戦への出場を決めたのです。

名曲「Forever Love」と再結成後の新曲「BORN TO BE FREE」で紅白のステージを盛り上げてくれました。

また紅白歌合戦でXJAPANを観ることができて、嬉しいですよね。

 

⑦紅【2016年】

2016年には「ゴジラ」が大ヒット。

XJAPANがゴジラを倒すという企画で「紅」を演奏することになったのです。

新曲の「JADE」や「HERO」も期待されましたが、知名度があってゴジラを倒せそうな曲ということから「紅」が選曲されたのでしょう。

昔のYOSHIKIだったら曲や演出を大事にするので断っていたかもしれませんが、紅白歌合戦の企画を楽しんでいたようですね。

 

⑧ENDLESS RAIN / 紅【2017年】

2017年にはロックの殿堂「ウェンブリーアリーナ」でのライブやドキュメンタリー映画「WE ARE X」が世界で上映され、話題になったXJAPAN。

紅白歌合戦への出場は確定的でしたので、演奏曲が期待されました。

結果、デビュー当時から現在までの人気曲「ENDLESS RAIN」「 紅」のメドレーとなりましたね。

怪我の影響で「もうドラムは叩けない」とまで言われたYOSHIKでしたが、紅白歌合戦でドラムを叩き復活をアピール。

またYOSHIKIのドラムが観れて、一安心しましたね。

 

紅白歌合戦では「紅」の演奏が多かったですが、それだけXJAPANの代表曲として、世間が認めている証拠なのでしょう。

元々は、紅白歌合戦のテーマソングとして作られた「Tears」でしたが、XJAPANの曲としても人気になりましたね。

紅白歌合戦でも、色々と話題になったXJAPANだったのです。

【紅白歌合戦】YOSHIKIの演奏曲と出演回数

2回となっています。

YOSHIKI名義での出演ですが、豪華コラボが実現し注目されましたね。

 

①YOSHIKI feat.HYDE「Red Swan」【2018年】

YOSHIKIとしての紅白歌合戦出場は、2018年が初めてとなっています。

人気アニメ「進撃の巨人」の主題歌となった「Red Swan」を演奏。

まさかYOSHIKIとHYDEさんのコラボが実現するとは、思ってもいなかったですからね。

テレビ出演やYOSHIKIのクラシックコンサートへの出演など、仲の良さが目立ったYOSHIKIとHYDEさん。

そして、そのまま紅白歌合戦への出場となったのです。

更にギターは、SUGIZOですからね。

昔からビジュアル系を聴いているファンにとっては、どれだけ凄いことかが理解できることでしょう。

 

①YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン「Miracle」【2018年】

そして、2018年は世界的に有名なソプラノ歌手、サラ・ブライトマンさんとのコラボが実現。

サラ・ブライトマンさんのために作った「Miracle」ですが、近年ではXJAPANのオープニングでも使われている馴染みのある曲。

圧巻の歌声とYOSHIKIのピアノのコラボで、盛り上がりましたね。

なんと、2018年の紅白歌合戦にYOSHIKIは紅組・白組から出場していたのです。

同一回で紅白両組からの出場は初の快挙とのこと。

紅白歌合戦でも新しい伝説を作った、YOSHIKIだったのです。

 

②YOSHIKI feat.KISS(YOSHIKISS)「Rock and Roll All Nite」【2019年】

YOSHIKIとKISSのコラボが実現した、2019年の紅白歌合戦。

子供の頃にKISSに出会いロックに目覚めたYOSHIKI。

憧れのロックスターと共演し、夢を叶えたYOSHIKIも嬉しかったのではないでしょうか。

KISSは日本でもファンが多いですから、YOSHIKIとの共演は見応えがありましたよね。

 

【XJAPANの紅白歌合戦】歴代出演に対するファンの反応

まとめ

XJAPANとYOSHIKIの紅白歌合戦での演奏曲、出演回数、歴代出演をまとめています。

紅白歌合戦でも数々の伝説を残してきた、XJAPANでした。

演奏曲やYOSHIKIのコラボ相手など、話題が尽きませんからね。

また紅白歌合戦でXJAPANを観れる日を楽しみにしておきましょう!

関連記事

-XJAPAN
-,

© 2022 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5