メンバー 名言

【XJAPANのメンバー】HIDEとTAIJIが和解した仲良しエピソード!再会は葬儀場?

2017年10月25日

HIDETAIJIと言えば、2人もリーダーになれる実力がありながら、Xに置いてはYOSHIKIを支え、アレンジを担当するような存在。

TAIJIは、インディーズ時代にXの衣装メイク髪型までを担当し、非常にセンスのあるメンバー。

HIDEも美容師出身ですので、センスはずば抜けていたのです。

そんな2人は当然、惹かれあい、高め合う仲になるのは時間がかかりませんよね?

Xに加入する前には、色々と問題もあったようですが、いつの間にか和解していたとか。。

ずっと、仲良しだったHIDEとTAIJIには、様々なエピソードがあります。

しかし、 Xを脱退したTAIJIがHIDEと再会するのは・・・

【XJAPANのメンバー】HIDEとTAIJI和解したの?

HIDEがXに参加した時には、和解していたようです。

1998年にHIDEが亡くなった時には、疎遠だったTAIJIも葬儀に駆けつけてくれましたからね。

TAIJIはXずっとを脱退してから「メンバーには会っていなかった」とのことでした。

TAIJIとHIDEの関係は、切っても切れない仲良しの関係だったのでしょう。

そもそも、HIDEとTAIJIの仲が悪かったと言われているのも、インディーズ時代にTAIJIのバンドのドラムを、HIDEが引き抜いたことが原因。

当時は、引き抜きも多かったと言われていますから、当たり前だったのでしょうね

結果、TAIJIのバンドは解散することになったのです。

原因はHIDEにあるわけですから、TAIJIとしては許せなかったのでしょう。

その後、 HIDEも「SAVER TIGER」も解散し、お互いにXで一緒になることになったわけですから、わからないものですね。

HIDEとTAIJIの仲良しエピソード

・ケンカをしたことがない

HIDEもTAIJIも酒癖が悪く、酒が入ると、豹変してしまうという。。

もし、そんな2人が飲んだら・・・

しかし、 HIDEとTAIJIはケンカをしたことがなかったのです。

HIDEの方は、TAIJIとケンカしたがっていたようですが、TAIJIが全く応じなかったのです。

HIDEがTAIJIの胸ぐらを掴んで、殴りかかろうとすると「まあまあ、ちょっと待って、待って!もっと飲もう」と、かわしていた。

TAIJIが挑発に乗らず、怒らないので、HIDEはつまらなくなってケンカもやめてしまうのです。。

HIDEはきっと、TAIJIとケンカしたかったのではなく、一緒に暴れたかったのでしょうね。。

 

・2人でのアレンジ作業

Xのインディーズ時代、HIDEの加入でやっとメンバーが固定された。

Xは人気はあったが、音楽業界での評判は最悪。。

何を言われても気にしないメンバーだったが、HIDEだけは「こんなにバカにされたままでいいのか。Xはこのままじゃダメだ。もっとアレンジしなくては・・・」HIDEの言葉に奮起させられ、 TAIJIと共に「紅」のアレンジから始めた。

この時に2人がアレンジをしなかったら、名曲「紅」は世に出ていなかったわけですからね。。

その後、HIDEとTAIJIでXの曲を片っぱしからアレンジし、みんなで音を固めていく日々を送ったのです。

 

・HIDEとの未発表曲

「Jealousy」のレコーディング中、TAIJIが何気なくタッピングの練習をしていると、HIDEが乗ってきた。

それから、2人でタッピングのセッションとなり

「これはAメロ、ここをBメロ。そんでソロかな」

お互いにアイデアを出していったら、いつの間にか、ひとつの曲になっていたのです。

適当に作った曲だったが、きっちりと作曲をして作った曲に聴こえることに対し、 TAIJIは「おれのイメージをHIDEが完璧に受け止めてくれた結果」だと、発言しています。

 

・HIDEの涙

1991年の大晦日、TAIJIはYOSHIKIに脱退を言い渡された。

YOSHIKIの独断で決めたことだが、メンバーもちろん了承。

しょうがないこととわかっていたHIDEだったが、その夜にホテルで窓を開け、1人で外を眺めながら、涙を流していたのです。

どうにかできることではなかったが、TAIJIの脱退はHIDEにとって本当に辛いことだったのでしょう。

後にHIDEの話を聞いたTAIJIは、頭の中が真っ白になり、色々な思い出が走馬灯のように現れては消えていったようです。

 

HIDEとTAIJIの出逢い

HIDEは「SAVER TIGER」のメンバー、TAIJIは「DEMENTIA」のメンバーとして、お互いにインディーズ時代に出会ったのです。

初対面で、HIDEがTAIJIに対し「髪型カッコイイね!!」と、褒めたことから意気投合したようです。

センスのあるTAIJIをHIDEに認めていたのでしょうね。

X時代にメンバーのオリジナル衣装を作っていたのもTAIJIですから。
初めから、惹かれるものがあったのでしょうね。

【TAIJIが語る】HIDEのケンカエピソード

・消火器をぶちまける

ZIGGYのボーカルと飲んでいたHIDEは、次第に口論になった。

制止に入ったスタッフを振り払い、消火器をを取って、ラウンジ中に1本まき散らしたとのこと。。

結局は、TAIJIが制止するという。。

HIDEが切れた場合、それを止めるのがTAIJIの役目だった。

もちろん、TAIJIが切れた場合は、HIDEが止めていたのだが。

 

・鼻の穴に2本の指を突っ込む

泥酔状態のHIDEが、ホテルのフロントの人間と口論。

「テメー、ぶっ殺してやるっ!!!」

HIDEが叫び、拳を振り上げるて殴るのか!?と、思いきや、人差し指と中指の2本の指を突き立てて、フロントの人間の鼻の穴に、下からズボッと突っ込んだのですwww

「マンガかぁ!!!!」

指を突っ込まれたフロントの人は「やめて下さい!やめてください!」と、言ってるだけ。

TAIJIは、笑いをこらえるのに必死だったとか。。

 

まとめ

インディーズ時代にTAIJIがXに戻って来たのは、HIDEがいたからと言われています。

過去の Xの曲は、ほとんど2人でアレンジしていますし、メンバーの中で一番一緒にいたのがHIDEとTAIJIだったのでしょうね。

2人の存在はXにとっても大きかったのです。

TAIJIがXを脱退してからは、お互いのスケジュールが合わなくなり、疎遠になっていたようです。

そんな2人が再会するのは、 HIDEの告別式だったのです。。。

関連記事

-メンバー, 名言
-,

© 2021 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5