TAIJIの死因はマネージャーが原因!?真実に迫る!

TAIJI メンバー

TAIJIの死因はマネージャーが原因なの!?サイパンでの真実に迫る!

2017年10月2日

2011年7月17日にサイパンで謎の死を遂げた、XJAPANのTAIJI

HIDEに続き、再びXJAPANのメンバーの訃報が入り衝撃でしたね。。

一体、TAIJIの死因は何だったのでしょうか?

TAIJIのマネージャーが原因とも言われていますので、真実に迫ってみましょう!

TAIJIの死因の真実

自死と言われています。

2011年7月11日に仕事のため、TAIJIはマネージャーらと共にサイパンへ出発。

その機内で暴行事件を起こし、着陸したサイパン国際空港で地元当局に逮捕されたのです。

報道では「乗務員への暴行」となっていますが、真実は「女性マネージャーへの暴行」だったのです。

その後、TAIJIは留置場で意識不明になったと一報を聞き、内縁の妻であった赤塚友美さんとTAIJIの親族はサイパンへ急行。

サイパンでTAIJIと対面を果たすが、そこには驚きの姿があったのです。

TAIJIの死因に対し、あまりにも不可解な点が多いことが話題になっているのです。

TAIJIの不可解な死因

首も痕が無い

TAIJIの死因に対し、首にはそれらしき痕がなかったのが不思議なのです。

必ず何かしらの痕跡は残るはずですからね。

そして、顔は腫れ口には粘着テープの跡のようなものがあり、胸板には棒状の細長く赤い痣があったと言います。

まるでサスペンスドラマのような話ですね。。

 

病院の対応が不自然

TAIJIの状況に納得いかない親族は、繰り返し説明を要求するが主治医はこう反論します。

主治医

病院に運ばれた時にはすでに脳死状態だった。

ご親族が到着するのを待ちながら、精一杯延命治療を施した。

納得のいかない赤塚友美さんは、サイパンの病院にカルテを要求。

しかし、病院のカルテは紛失されており、確認ができなかったそうなのです。

病院が大事なカルテを簡単に無くすとは思えませんよね。

更には、開示請求した死亡報告書を確認すると、司法解剖も死後解剖も行われていない状況だったのです。

果たして、病院は一体何をしていたのでしょうか。。

 

事故発生後すぐに発見されなかった

サイパンの北マリワナ諸島の拘置所では、1時間に1回は見回りに行くのが法律で定められています。

これは防止の意味も込めてなのでしょう。

1時間に1回の見回りが原則とされているのなら、TAIJIは1時間以内に発見されているはず。

それなのに、発見が遅れたのには何か意味があるとしか思えません。

 

日本の対応が悪い

サイパンから帰国後、赤塚友美さんは日本の警察に相談。

帰ってきた返事に驚愕したのでした。

「サイパンの拘置所の不正事件の可能性が高いが、追求は難しいので事件を忘れて新たな道を歩んだ方があなたのためだと思います。」

「まだ、若いのだし、これから新たな出会いがあるのだから、この件に長い時間とお金を使うのはもったいない。」

愛する人が不可解な死を遂げて、簡単に忘れられるわけがないじゃないですかね。

 

密葬が行われていた

TAIJIの遺体は極秘に日本に戻り、地元の千葉県内で密葬が行われていたとのこと。

内容や詳しい詳細は婚約者の赤塚友美さんや関係者には知らされていなかったのです。

誰がどのように手配したのかも謎のままという。。

これには親交のあるバンドマンも呆れ顔だったとか。

当然、XJAPANのメンバーも知らなかったことなのでしょうね。

 

このようにTAIJIの事件にはあまりにも不可解なことが多く、「何か事件に巻き込まれたのでは?」と憶測があるのです。

 

原因はTAIJIのマネージャー

マネージャーが何かしら関係していることは、間違いないようです。

TAIJIとマネージャーは、2009年11月のライブ終了後にホテルのロビーで出会っています。

マネージャーは、TAIJIに対しこう提案したと言います。

マネージャー

自分の夫は、サイパン最大規模のリゾート施設を経営している。

そこに2億円の音楽設備があるのだが、使い方がわからないから仕事のパートナーにならないか?

何とも怪しい提案ですよね。

そんなマネージャーの話にTAIJIは賛同してしまったのでした。

新しい道を見つけたTAIJIですが、その後にマネージャーの態度は豹変。

マネージャーの態度にTAIJIも違和感を抱くようになり「話がコロコロ変わる」、「自分のエゴだけで生きている」不審に思うようになってきたのです。

マネージャーとの関係は悪化するばかりで、サイパン行きの前にも大げんかをしたといいます。

TAIJIは「これが最後、もう仕事はしない」と、赤塚友美さんにマネージャーとの関係の終わりを語っていたのです。

しかし、サイパンに渡ったTAIJIは帰らぬ人となってしまったのです。

TAIJIのマネージャーの不審な行動

TAIJIが逮捕された後、マネージャーの奇行が続きました。

なんと、逮捕拘留中や意識不明の状態だった時にTAIJIを装ったマネージャーから、赤塚友美さんの元に一方的にメールが届き続けていたのです。

「クレジットカードで払った場所どこだっけ。返金してください。他にもかなり使ってしまい、訴えられたら犯罪になる。」

「神様が来ます。振り込み頼むね。口座開いてください。他にもありましたらまとめて神様に電話して天罰が当たります僕たちは。電話して神様謝りなさい、頼むね」

「クレジットカード請求77万円でした。なんとも。。。ともみさん逆ぎれ?」

「市川市の実家の住所調べてすぐに連絡ください」

何とも不可解なメールが届いていたのです。

この件に対し、赤塚友美さんが神奈川県青葉警察署に告訴上を提出。

受理されているのですが、出頭要請されているマネージャーは応じていないといいます。

なぜ、マネージャーは応じなかったか?

都合が悪い何かがあったのかのでしょうかね。

 

TAIJIの死因に対するSNSの反応

 

まとめ

TAIJIの死因、原因はマネージャーにあるのかについてまとめています。

TAIJIの死には、この女性マネージャーが絡んでいることは間違いないですね。

死亡状況から見ても、他殺の可能性も考えられますから。

TAIJIの死因の真実が明かされる日は、果たして来るのでしょうか。

また情報が入り次第、追記していきます!

赤塚友美さんがTAIJIの死の真実を1冊の本にまとめて出版していますので、チェックしておきましょうね。

TAIJI 沢田泰司

TAIJI 沢田泰司

赤塚 友美
15,000円(01/28 23:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連記事

-TAIJI, メンバー
-

© 2022 XJAPAN大百科 Powered by AFFINGER5