YOSHIKIのパートナーは誰!?TOSHIや彼女?? ワインはナパバレーで!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YOSHIKIにとって、パートナーとは何なのでしょうね。

どうしても、「孤独」のイメージがありますが、決して1人で何でも乗り越えてきたわけではありません。

その時、その時に優秀なパートナーに恵まれていると思います。
そこには YOSHIKIの才能と周りを引きつける人徳があったのでしょうね。

そんな、YOSHIKIのパートナーとは、一体なのか!?

TOSHI小室哲哉GACKT彼女(サラ、エレーナ、ジュリア)・・・。。

YOSHIKIの周りには、色々とパートナーと言われる面々がいるわけですがね。。

YOSHIKIのワイン好きも有名で、パートナーと一緒にワインを作っているとか。

彼女と乾杯しているのかな!?

スポンサードリンク

パートナーは誰??

YOSHIKIには、沢山のパートナーがいますからね。

・TOSHI

YOSHIKIのパートナーと言えば、やはりTOSHIでしょう。

TOSHIとは幼馴染ですし、もう50年近くの付き合い。
幼稚園から一緒ですからね。。

YOSHIKIとTOSHIの間には、確執もありましたが、現在では

YOSHIKIとTOSHIの関係は仲良し!?いちゃいちゃはすみれ組から??幼馴染から確執まで!?

大の仲良し

YOSHIKIはTOSHIに対して、「パートナー」という表現はしないでしょうが、自他共に認める最高のパートナーでしょうね。

 

・小室哲哉

YOSHIKIと小室哲哉との出会いは、1990年頃。

当時、人気絶頂のX。
小室哲哉もYOSHIKIやXの存在は知っていたでしょうし、注目していたのです。

そんなYOSHIKIに小室哲哉からアプローチして、飲み友達として交流が始まったようです。

2人は、ワインも似合いそうですもん。。

YOSHIKIも小室哲哉も当時から海外志向でしたし、新しい音楽に貪欲なところなど、共通することも多く、すぐに意気投合したのでしょうね。

天才同士は惹かれ合うのかな。

そんな2人がお互いにパートナーとして認め合い、結成したユニットが「V2」なのです。

「どっちがボーカル!?」

「CDやライブは??」

注目された中で、1991年12月5日に1度きりのライブ

1992年1月18日にシングル「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」を発売したのです。

そして、3月25日にはライブを収めたビデオが発売されたのです。

結局、ボーカルは小室哲哉でしたが。
これが、なんとも・・・。。

こんな2人の天才のユニットが、長く続くわけもないですよね。。
活動期間は、わずか4ヶ月。

V2は自然消滅してしまったのです。。
仲が悪くなったわけではないでしょうし、現在でも付き合いがあるようですしね。

 

・GACKT

GACKTは、元旦恒例のバラエティー「芸能人格付けチェック」に8年連続で出演中。

過去に、51問正解という記録を持っているのです。

そんなGACKTの

「来年のパートナーは誰か!?」

注目された中、発表されたのが、YOSHIKIだったのです。
いや〜これは楽しみですね!

チェック問題の中には、ワインの飲み比べもありますから、ワイン好きのYOSHIKIの舌が試されるわけなのです。

まぁ、YOSHIKIに限って間違えるわけが・・・。。

放送を楽しみにしていましょう。

YOSHIKIとGACKTもお互い音楽の才能に惹かれあっているでしょう。

一緒にバンドを結成した過去もありますからね。
凄いメンバーだったなぁ。。

YOSHIKIの番組にもゲスト出演していますし、仲良しのようですね。

 

・彼女

YOSHIKIには、数々の彼女候補の噂がありますからね。

YOSHIKIの現在の彼女はサラ!?エレーナはインスタにも??マリー・ジュリアボス・ロミータ・ラナは??

当然、モテるでしょうし、色々な噂は付いてくるでしょう。

YOSHIKIは、人生のパートナーとして一人に決めることはあるのでしょうか!?

・・・

ないと思いますが。。。

スポンサードリンク

ワインはナパバレー??

YOSHIKIは、「Y by YOSHIKI」というワインブランドを所有しています。

2008年にYOSHIKIは、米国のナパバレーのワイン醸造家ロブ・モンダヴィJr.と一緒にワインブランド「Y by YOSHIKI」を誕生させています。

きっと、自身でワイナリーも所有しているのでしょう。

筆者はワインのことはよくわかりませんが、醸造地としてナパバレーは有名なようですね。。

YOSHIKIはワインを好きで飲むだけでなく、自分でも作っているのです。

YOSHIKIは

「僕のパートナーが畑を(所有していて)。ナパバレーっていう、そこでワインを作ってます」

との。。

自分で作るって・・・規模が違いますね。。

 

2016年には

 

「Y by Yoshiki Napa Valley Cabernet Sauvignon 2011」

「Y by Yoshiki Napa Valley Chardonnay 2012」

という、2本のワインを発売しています。

「Y by Yoshiki Napa Valley Cabernet Sauvignon 2011」は、ナパバレーで収穫されたカベルネ・ソーヴィニヨンを100%使用して醸造しているようですね。

価格は1万4800円

 

「Y by Yoshiki Napa Valley Chardonnay 2012」は、ナパバレーで栽培されたシャルドネを使用しているそうです。

こちらは、白ワインのようです。

価格は9800円

 

2本とも、中々のお値段ですね。。

YOSHIKIはワイン作りにも本気で

「ワインに関しては人生で音楽の次に時間を捧げて来たし、今では数多くの一流ワインを毎日のように飲んできた」

「このワインも本当に良いものを創りたいと情熱を注いだので是非飲んでみて欲しい」

熱い思いを語っていました。

YOSHIKIが作っているなら、試しに飲んでみたいものですが。

果たして、違いがわかるのか・・・(泣)

 

まとめ

YOSHIKIは、パートナーに恵まれているのかなと感じます。
きっと人に疲れ、人に癒されているのかな。。

これから、YOSHIKIに新しいパートナーは現れるのか!?

人生のパートナーも見てみたい気も。。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る