XJAPANの「DAHLIA(アルバム)」の収録曲とおすすめ曲は!?なぜ、新曲がないのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

XJAPANアルバム「DAHLIA」は、1996年11月4日に発売された、メジャー3枚目となるアルバム。

前作の「Jealousy」からは、5年ぶりとなったのです。

ファンは、XJAPANのニューアルバムのを心から待ち望んだわけなのです!

しかし・・・

新曲がほとんどないという。。
10曲中、6曲がシングルカットされていて、のちにシングルカットされる「SCARS」もライブでは、既に演奏されていましたからね。

筆者も、「DAHLIA」はもちろん聴いていますが

「ベストアルバムか!?」
と、思えるほどでした。。

1997年12月25日に発売された、ベストアルバム「Singles~Atlantic Years~」収録曲ともほとんど変わらないですからね。。

なぜ、シングル曲ばかりになってしまったのでしょうか。

そんなアルバム「DAHLIA」の収録曲は?
果たして、おすすめ曲はあるのか??

スポンサードリンク

収録曲は?

01. DAHLIA
02. SCARS
03. Longing~途切れたmelody~
04. Rusty Nail
05. White Poem Ⅰ
06. CRUCIFY MY LOVE
07. Tears
08. WRIGGLE
09. DRAIN
10. Forever Love(Acoustic Version)

 

おすすめ曲は?

アルバム「DAHLIA」の中でのおすすめは、やはり「Rusty Nail」かな。

アルバム発売前から、シングルカットされリリースされていたので、「アルバム曲」という、感じはしなかったですが。。

XJAPANのRUSTY NAILの歌詞の意味がヤバい!?PVはアニメ??

XJAPANが得意のハイスピード曲ではないですが、メロディアスな楽曲ですので、一般ウケもすると思います。

XJAPANにとっても、新しいファンを獲得した曲ではないでしょうか?

XJAPANは詳しくないけど

「Rusty Nailは知ってる」
そんな方も多いのかなと思いますよ。

歌詞は中々、切ないですけどね。。

スポンサードリンク

なぜ、シングル曲ばかりなのか??

レコード会社との関係が悪化し、資金不足に。
それにより、1993年以降の録音作品をシングルカットし発売することになったのです。。

「DAHLIA」は、XJAPANにとって「世界デビュー」を狙って、制作されたアルバムだったのです。

日本版の他に、全詞英語の世界盤が発売予定。

しかし、現実は断念する結果となってしまったのです。。

原因は、TOSHIの英語の発音の問題、 YOSHIKIの持病によりレコーディングが長期化していまし、事務所との契約上、日本での発売のみとなってしまったのです。

世界進出を狙っていたYOSHIKIとしては、不本意の結果なのでしょうね。。

YOSHIKIは、自身の資材を投げ打ってでも続けたレコーディングでしたが、納得のいかないままの発売が余儀なくされたのです。

「DAHLIA TOUR」終了後に、アルバム「DAHLIA」の発売が発表されたが、いざ発売日を迎えてみたら、シングル曲ばかりのアルバムとなってしまったのです。

アルバムを楽しみにしていたファンとしても、残念な収録曲になってしまったのではないでしょうか。。

 

まとめ

「DAHLIA」発売後は、「SCARS」のシングルカット。
年末には「DAHLIA TOUR FINAL」が2日間東京ドームで行われましたが、翌年には、解散を発表することになってしまいましたからね。。

「DAHLIA」が最後のオリジナルアルバムに。。

待つこと、21年。・・・
2017年にニューアルバムの発売は!?

XJAPANのアルバムが2017年に発売!?発売日はいつ??2018年に延期の可能性は??

スポンサードリンク

まだ閉じないでください!!


最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、いつも記事を読んでくれているあなただけに、お礼をさせていただきたいと思います。


メルマガ登録と簡単な診断テストに答えるだけで、1万円がプレゼントされるキャンペーンなのです。


「胡散臭い」


まぁ、そう思うのも当然かとwww

筆者も恐る恐るで登録しましたもん。


しかし、結果は・・・



1万円をゲット!!!



高額商品を売りつけられることもなく、無事でした(笑)

そして、勉強もできて一石二鳥だったのです。


ですので、あなたも安心して活用してください。


↓下記から簡単に登録できますよ。





ぜひ、XJAPANの応援費に充ててくださいね。


  

関連記事

ページ上部へ戻る