XJAPANの「紅」の意味や歌詞(和訳)は!?YouTube(動画)で振り返る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

は、X(XJAPAN)のメジャー1作目シングル曲。
メジャーデビューアルバム「BLUE BLOOD」からのリカットなのです。

シングルの初回限定版は、見開きになっているのですよね。

筆者は持っていないので、手に入れたいCDなのです。

 

元々は、「KURENAI」と表記され、歌詞英語だったのです。

この頃の荒削りなXもカッコイイですよ!

YouTubeのおかげで、昔の動画が簡単に観れるようになりましたから、便利ですよね。

インディーズ時代からの曲であったが、実は一時期にボツ曲となっていました。。

こんないい曲なのにね・・・。
YOSHIKIは、昔から曲作りに厳しかったのでしょう。。

しかし、 HIDEが加入し

「俺さ『紅』がすごく好きなんだけど、最近あの曲やらないよね。もうもう少しロック的なアプローチでアレンジすれば、最高にカッコイイと思うけど、どうだろう?今のままじゃ速さだけが強調されているし、ちょっと歌謡曲っぽじゃない?それをXにしかできない音にアレンジをしようよ。」
と、提案し、復活したと言われています。

もし、HIDEがいなければ、紅が世に出ることは無かったのです。

HIDE、ありがとうございます。

紅は、ファンからの人気曲でもあり、ファンからの人気投票で決められたベストアルバム「 XJAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜」では、1位に輝いたのです。

あなたはどの曲に投票しましたか?

ちなみに、筆者は「Silent Jealosy」に投票しました。
見事、2位にランクイン!

どの曲が1位になってもおかしくはないですが。。

そんな歴史のある名曲、紅の意味和訳に迫ってみようと思います。

そして、紅は聴き所が満載なのです。
動画でも観てみましょう!

スポンサードリンク

歌詞の意味は??

YOSHIKIの父親への手紙とも言われています。

YOSHIKIは、幼い頃に父親を亡くしています。。

そんな父親に対し、 YOSHIKIは

「お前は走りだす(死に急ぐ)、何かにおわれるよう。おれが見えないのかすぐそばにいるのに(おれがいるのに、気付かないのか?)」

YOSHIKIの二度と届かない、愛の叫びなのかもしれませんね。

これからも紅の本当の歌詞意味は、公開されることはないでしょう。
YOSHIKIの想いが詰まっている歌詞であることは、間違いありませんが。。

 

和訳は??

お前は振り返らず、俺から去って行った
心に痛みを感じる
俺はお前を追うことを恐れた
壁に映る影を見たとき
俺の中の真実を見つけるため、夜の中へと駆け出した

嵐吹くこの街がお前を抱く
吹き抜ける風にさえ目を閉じる
お前は走り出す何かに追われるよう
俺が見えないのかすぐそばにいるのに

人波に消えて行く記憶の吐息
愛のない一人舞台もう耐えきれない
俺の記憶の中のお前は今でも俺の心の中で輝いている
すれ違う心は溢れる涙に濡れ

紅に染まったこの俺を慰める奴はもういない
もう二度と届かないこの思い
閉ざされた愛に向かい
叫び続ける

お前は走りだす何かに追われるよう
俺が見えないのかすぐそばにいるのに

紅に染まったこの俺を慰める奴はもういない
もう二度と届かないこの思い
閉ざされた愛に向かい
叫び続ける

紅に染まったこの俺を慰める奴はもういない

ああ、深い紅の中で泣いている

 

*筆者の独断と偏見による和訳です。
本来の意味とは異なる場合がございます、ご了承ください。

 

「死」「失恋」、失ってしまったモノへの届かない叫びでしょうか。
歌詞だけ見ると、切ないのです。

この歌詞がハードな曲になるわけですから。
XJAPANのアレンジは、凄いですよね。。

スポンサードリンク

聴き所は??

・イントロ

再結成後は、イントロのアルペジオの部分で「THE LAST LIVE」でのHIDEの映像使われているのです。

本当にHIDEが弾いているような錯覚を起こし、このイントロの映像を見るたびに泣けてきます。。

 

・静から動へ

紅は、TOSHIの歌声から始まります。

「バラードか!?」
と、思いきや・・・

一気に ハードな曲へ!

XJAPANのライブでは、TOSHIの

「くれないだぁぁーーー!!!!」
で観客を煽り、YOSHIKIのドラムのカウントから、ハードナンバーへ。

銀テープが飛ぶのも、このタイミングが多いですかね。
紅のイントロと銀テープが幻想的で、盛り上がるのですよね。

銀テープをどれだけ奪い合ったことか(笑)

 

・ギターソロ

紅という曲は非常は特徴的な展開で、ギターソロが終わってからサビに入るのです。

普通は、サビの後にギターソロですよね?
筆者はこんな展開の曲を紅の他には知りません。

長めのギターソロですが、HIDEのソロから始まり、PATAとのハモりで終わる、何とも芸術的なギターソロなのです。

ギターソロだけ聞いても、紅は名曲ですよ!

 

・YOSHIKIとTOSHIの絡み

YOSHIKIが意識朦朧の中、TOSHIに寄りかかったり、水を掛けられることによって、我に返っているのです。

YOSHIKIは、紅を演奏すると

「TOSHIが寄ってくる」
と、語っていました。

YOSHIKIのドラムソロの前にも、TOSHIが

「ヨーシキ!!」
と、喝を入れますから!

曲の中で、2人の絆を感じますね。。

 

・テンポがめちゃくちゃ(笑)

1994年12月31日、「白い夜」でも演奏された紅。

YOSHIKIが演奏中に倒れてしまうのです。。
そして、復活後にドラムのリズムが走り過ぎて、テンポがめちゃくちゃ早くなっているのですwww

ありえないスピードに、 TOSHIは歌えず、HIDEHEATHも焦ります。
それも、東京ドームでですからね、演奏しづらかったことでしょう。。

その中でも、完璧に演奏しているのが、PATAだったのです。
いや〜さすがですよね・・・。。

こういうアクシデントもライブならではですからね。
ライブは何があるかわからないから、おもしろい!

演奏しているメンバーからしてみれば、たまったものではないでしょうがw

 

まとめ

紅は、高校野球の応援歌になったり、ゲーセンの太鼓の達人にも入る程、一般的にも知名度の高い曲ではないでしょうか?

ライブでの紅は定番ですが、実は演奏されなかったライブがあります・・・

あなたは、わかりますか??
ヒントは、「ART OF LIFE」です。

紅が演奏されないのは残念ではありますが、ある意味で貴重なライブだったということで。。

またそちらの記事も書こうと思いますので、お楽しみに!

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る